読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計のプロフェッショナル・公認会計士。大手や同業他社と圧倒的な違いを生み出しオリジナルの経営戦略で勝ち残ってきた私のマーケティング経営ノウハウ伝授。

同業他社やライバルたる公認会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の、独立成功マニュアル。これさえあれば、あなただけの強みを活かし、圧倒的に差をつけた価値を顧問先に提供することができる。皆さんの一番気になるところ、経営ノウハウを徹底解剖し伝授します!

言うまでもなく公認会計士試験をオール独学で貫くというのは…。

平成18年度に入ってから、国家試験の公認会計士試験は、大幅に改定がされました。新たに法令科目が、重要視され、多肢択一式の問題をはじめ、記述方式問題みたいな暗記だけでは解けない問題なんかも出てきました。
法律系の国家資格として誇り、極めて専門的な要素を含む務めをする、公認会計士及び公認会計士でありますけど、どちらの難易度が高いかといえば公認会計士の方がハードで、さらに執り行う業務の詳細にも、大分違っております。
過去に日商簿記試験1級・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格された人だったら、公認会計士試験にて簿記論、財務諸表論のこの2分野に対しては、ともに独学で合格を得るというのも、困難なチャレンジではないかもしれません。
他よりもかかる費用が安い、出題の範囲をセレクトし、学習ボリュームを少なめに設けた独自の教程、優良な教科書などが人気である通信教育の「フォーサイト」。公認会計士通信講座ならまずコレ!といわれているくらい、大変好評です。
法律の消費税法につきましては、公認会計士試験の必須科目の中では、それほどにも難易度は高度になっていなくて、最低限知っておくべき簿記の知識を確実に理解しておくことで、他よりも厳しいこともなく、合格レベルに到達することが実現可能でしょう。

言うまでもなく公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、かなり厳しいことでありますけれども、トライしてみたいと考えておられる人は、さしあたって財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り掛かるようにしましょう。
優れた部分が多いとされる、公認会計士資格の専門スクールに通学する能率的な勉強法ですけど、十万単位の特定の代金が求められますから、全員皆が受けることが出来るものじゃないのです。
現実的に公認会計士試験は、狭き門とされております、国家資格の中の1業種です。ここにおいては、目標の公認会計士試験に一発合格するための能率的な勉強法等を、運営者自信の合格出来るまでの経験を基本として色々記そうと思います。
1年間の中で秋時期の9月から、この次の年度の公認会計士試験に向かって取り掛かり始めるような人たちも、数多くいるんではないでしょうか。およそ1年強にわたるハードな受験勉強におきましては、ご自分に最適な勉強法を把握することも大事です。
サラリーマンをしながら、公認会計士になることを夢みているなんて方も存在しているはずだと思いますので、自身の実施できることを日課としてコツコツ積み重ね取り組むのが、公認会計士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。

全て独学で公認会計士試験にて合格を得ようとする際には、あなた自身で合う勉強法をあみださなければいけないです。そうした際に、他の何よりも優れた方法は、先の合格者が実際に行っていた勉強法のスタイルをそっくり真似することであります。
国内においてもケタが違う難易度を誇っている公認会計士試験に関しましては、合計11分野の法律のうちより沢山の問題が出ますので、合格したいなら、長期間の十分な試験勉強が欠かせません。
学習にあてることができる時間が日頃多くある方ならば、通常の勉強法で実行すれば、公認会計士試験をパスすることも有り得ますが、別の仕事を持っているなど時間に余裕がない人に対しては、適切な対策だとは言えないでしょう。
一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率については、10%前後と、難易度レベルが高めと知られているにしては、他と比較して高合格率となっています。しかしながら、一発勝負で合格を叶えられるのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと言われているようであります。
実際毎年、約2・3万人の人が受験し、ほんの600人〜多くて900人のみしか、合格できないのです。この点を鑑みても、公認会計士試験の難易度レベルが高度であることが想像することが出来るでしょう。

全部独学で公認会計士試験に合格するぞとした場合は…。

難易度が超高い試験となっていますが、一つの教科毎に1回1回別に受験する方法もアリのため、そのせいもあり公認会計士試験に関しましては、1年に1度最低5万名以上もの方が受験に挑む、受かりづらい試験なのです。
公認会計士資格に必須の簿記論は、ボリューム量は仰山ありますが、総じて計算問題が主要にて構成がなされているため、公認会計士になろうとするためには、相対的に独学で臨んでも、身に付けやすいタイプの科目に当たります。
原則的に公認会計士試験は、かなり難易度が高めであります。合格率で言えば、ざっと10%くらいです。しかしながら、一度だけの試験にかけないで、何年もかけることで合格を志すつもりであるなら、著しく大変なことではないでしょう。
元来通信教育(通信講座)は、学習教材の出来が最終的に合否を分けます。今時はDVDかつネット配信などの映像系教材も増えておりますけど、それぞれの公認会計士の資格取得スクールによって、教育カリキュラムは違いがあるものです。
全部の教科の合格者の合格率の平均は、およそ10〜12%くらいで、他のハイレベルな資格よりも、合格率が若干高いように思えるでしょうが、それは科目毎の合格率の割合であり、公認会計士試験トータルでの合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。

国家資格試験の公認会計士試験の合格率の割合は、およそ10%程度と、難関と表されているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。けれど、最初の一発で合格するのは、0%に限りなく近いと聞かされました。
一切独学でこなしてはいても、勉強にあてる時間の管理や勉強のやり方等に、不安を抱くといった時なんかは、公認会計士試験対策用の通信講座を利用して勉強を行うといったことも、ひとつのアプローチ方法なのであります。
現実国家資格の中でも、高難易度の公認会計士の業種ですが、他よりも合格へ行き着くまでの道が難儀であるからこそ、見事資格を獲得した以降にはニーズの高さや給料、さらに高いステータスを作り上げることができるようなこともありうるのです。
通信講座を受ける際は、公認会計士であっても公認会計士であれど、いずれもご自宅宛でテキストのセット等を送り届けて貰えるから、あなた自身のお好みのスケジュールにて、勉強を実行するといったことが可能となっています。
簡単に言うなら第一段階合格最低点の「足切り点」といいます特筆するべき制度が、公認会計士試験には存在します。簡単に言うならば、「規準点に達していないという場合は、落ちますよ」という水準点が存在しているのです。

実際合格者の合格率は、公認会計士資格を取得する難易度を確かめる判定基準の一つなわけですけれど、今日、この比率が誰の目から見ても確実にダウンしており、多くの受験生達から注目を集めております。
どのような教本でマスターするのかなどということよりも、どんなタイプの能率的な勉強法で進めるのかという方が、明白に公認会計士試験での成功には大切だと考えられます
一般的にオール独学で、試験に合格することは、無理ではありません。しかし、毎年公認会計士に関しては10人受けたとして、1人でさえも受からないようなめちゃくちゃ厳しい試験でございます。資格を取得するためには、成果が期待できる質の高い勉強ノウハウを身に付けるべき必要性がございます。
通信教育である場合、公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を必要な分まとめ上げた、資格取得向けのテキスト教材が取り揃っているため、独学で進めるよりも勉強の手順が認識しやすく、勉強が行いやすいと言えるでしょう。
全部独学で公認会計士試験に合格するぞとした場合は、ご自身で適切な勉強法を習熟することが必要です。ともあれそのために、殊に最善なアプローチ法は、すでに合格をされた方が取り組んでいた勉強法を丸ごと真似することをおススメします。

おそらく9月ぐらいより…。

公認会計士試験の簿記論については、暗記するべき総量は大量なわけですが、大抵全て様々なシーンの計算問題にて構成がなされているため、公認会計士資格は法律系資格のうちでは、他より独学で臨んでも、マスターしやすい教科内容といえます。
的外れな勉強法を継続して、回り道をいくことほど、もったいないことはないです。確かで能率的なやり方で短期スパンで合格をゲットし、念願の公認会計士の仕事に就こう。
一切独学のみで学習をするなんて、やる気はありませんけれど、もしも自身の進行加減で集中して学びたいという人には、公認会計士対象の通信講座をチョイスした方が、条件に適う勉強法であります。
近々資格をとるため試験勉強に着手する方にとっては、「公認会計士試験では、どれだけの学習時間をかけたら合格するのか?」というようなことが、興味を持つ点だと考えます。
おそらく9月ぐらいより、次の年度の公認会計士試験を対象に取り掛かり始める受験生も、多数存在するのではないでしょうか。1年間近く続いていく試験の勉強では、己自身にベストな勉強法を身に付けることも必須でございます。

一般的に、公認会計士になろうとする場合におきましては、オール独学で合格を目指そうとする受験生が多く存在していないことも関係して、別の受験と比較してみると、市販テキストの種類もあんまり、充実していません。
努力して資格を得て、近い将来「自身の力で挑戦したい」といった堅固な気持ちがある受験生なら、どれほど公認会計士の難易度レベルが高い場合でも、その大きな壁もきっと超えることができるハズ。
基本的に通信教育の講座では、公認会計士試験に向けて専門の対策を不足なくピックアップした、受験向けの学習教材がございますので、独学で進めるよりも学習一連の流れが掴み取りやすく、勉強が行いやすいはずです。
以前は合格率の値が10%位を保っていた公認会計士試験でございましたけれども、今日び、マイナスになり一桁台の数字にて停滞しております。合格率が一桁ならば、難易度レベルが超高い国家資格の1業種として、認知されることになります。
一般的に公認会計士試験をはじめから独学で挑むことは、すごぶるレベルが高いものがありますけれども、そうであっても自力で貫きたいとやる気がある人は、最初に会計学の勉強より入るといいのでは。

通常公認会計士試験は、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった限定はされていませんから、年齢に関係なく受験することが認められています。万が一法律に関しましての知識・経験が全然無くとも、適切な受験対策で臨めば、高確率で合格することができるんですよ!
法科大学院専門職大学院)を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格になるといったことが見られるほどなので、核心を突いた合理的な勉強法を把握した上で真剣に取り組まないと、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことは厳しいでしょう。
学習に集中することが可能な時間が生活の中でいっぱいある方ならば、普通の勉強法でやれば、公認会計士試験合格が狙えますが、常日頃会社など日常生活で暇が無い人に対しては、適切な対策だとは言えないでしょう。
実際公認会計士におきましては、国家資格認定試験のハードルとして、いろんな歳の方達に人気が高いのですけれどそれとは別に、合格・資格取得後には、個人オフィスなどを作って、はじめから独立・開業の道も選べる法律系の専門資格試験なのです。
自分だけの力で独学にて公認会計士試験で合格しようというには、自分自身で最適な勉強法をあみださなければいけないです。そういったケースに、他の何よりも確実な手段は、試験に合格した先輩たちが実行していた勉強法をコピーすることといえます。

実際とても難しいというように名高い公認会計士試験の難易度につきましては…。

一流講師の講座をその場で受講できるスクールへ行くメリット点につきましては、意欲をかきたてられますが、常に一定のやる気さえキープできたら、公認会計士対象の通信教育学習で、間違いなく実力を育むことが可能でしょう。
基本的に会計分野の簿記論は、理解するべき内容は数多いですけど、百発百中で計算形式の問題にて構成がなされているため、公認会計士の資格を得ようとするためには、割かし独学で挑んでも、学習しやすい専門科目となっています。
あらゆる情報を集めている指導書であってもとりあげられていない、高度な知識が必須の問題については、スッキリと降参するようにしましょう。スパッと割り切ることも、難易度高の公認会計士試験に臨む場合には、大切な事柄であるんです。
普通通信講座を選択する場合、公認会計士にしましても公認会計士であれど、いずれも自宅宛に教材関係全部を送付して貰えますから、あなたのお好みのスケジュールにて、学習することができるのです。
実際に試験の演習問題で理解度をアップし基盤を固めてから、現実的な総括問題へとチェンジする、古典的な勉強法でやるのが、公認会計士試験を受験する際の試験科目の簿記論にとっては、効果が見られるようであります。

法律系の国家資格でありまして、専門的特性の業務を執り行う、公認会計士公認会計士なのですが、難易度を見比べると公認会計士の方が一層手ごわく、その上取り扱う業務内容にも、結構違っております。
現実授業を受けられるスクール及び詳細内容等も色んなものがあります。それにより、多々の公認会計士を対象に開かれている講座の中より、会社勤めしている方であろうと学習できる、通信講座を開催している専門スクールを色々リサーチしました。
個別論点の内容に着手したら、関連している訓練問題に可能ならば取り組むようにし、キッチリ問題に慣れるようにするといったような勉強法を取り込むのも、公認会計士試験においての簿記論対策につきましてはスゴク効果が高くなります。
ほとんどの方は、ネームバリューがある会社であるし確かだろうなんていうような、安易でテキトーな動機で、考え無しに通信教育を選ぶもの。されど、そのような決め方で高難易度の公認会計士に、合格するはずはないです。
今日は公認会計士試験に打ち勝つための、HPや、知識・経験豊富な公認会計士が、受験生向けに知っておくべき要点をまとめたコラムなどの発行を行っていて、情報収集能力かつ学習意欲を高く持つためにも有効なものといえます。

実際とても難しいというように名高い公認会計士試験の難易度につきましては、すごく高度なもので、平均の合格率もほんの3%前後と、日本国内の国家資格の中でも、指折りのまさしく難関試験でございます。
全て独学オンリーで勉学に励むほどの、モチベーションはございませんけど、ご自分の調子に合わせながら勉学に励みたいとした方であれば、どちらかと言いますと公認会計士の通信講座を行った方が、条件に合った勉強法といえるでしょう。
基本的に5種教科合格に至るまで、長い年月がかかる公認会計士の難関試験では、数年にわたり勉強していける環境を持てるか持てないかが、大きなポイントとなり、現実的に通信教育のコースは、なおさらそういうことが言えるかと思います。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験の科目内では、それ程難易度は高めではあらず、簿記のベースの知識をマスターしておいたら、比較的結構容易く、合格点数のボーダーを越すことが可能となるでしょう。
法令の知識を大学で勉強していなくても、またかつ全くの素人であろうと公認会計士にはなれるわけですが、けれどもそれだけゼロから独学で進める方は、寝る間を惜しむくらいの勉強することも相当要します。私自身も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、心の底から感じております。

基本的に科目合格制度とされる…。

実際に公認会計士試験に関しては、生易しい試験ではございません。毎年合格率は、10%ちょっとです。とは言え、一回のみの試験ではあらずに、長期間かけて合格を志すつもりであるなら、特段困難なことではないと思います。
完全に独学にて学習を行うといった、モチベーションはございませんけど、もしも自身の進行加減で学ぶことができたらとした方であれば、やっぱり公認会計士向けの通信講座の方が、最適なスタイルの勉強法と思われます。
当ウェブサイトは、第一線で活躍しているベテランの公認会計士が、公認会計士試験のおススメ勉強法を助言し、且つ沢山の公認会計士資格の通信講座の評判、個人の口コミなどの情報を分析し、とりまとめた情報サイトとなっております。
基本的に科目合格制度とされる、公認会計士試験のシステムは、ひとたびで、5種の科目を受験する規則はなく、1つの科目ごとに受けても良いということになっております。合格できました科目に関しては、その後公認会計士資格取得まで有効なものです。
練習問題により詳しく知り地ならしを行った上で、実際の応用問題へ転換していく、模範的な勉強法で取り組むのが、公認会計士試験での必須科目である簿記論の為には、実効性があるようです。

現実的に法科大学院卒業者であっても、不合格となってしまうことが起こりえるため、キッチリした質の高い勉強法を理解した上で立ち向かわなければ、公認会計士試験合格を実現するということは困難といえます。
他と比較してリーズナブルな受講料金や学習範囲を選定し、学習量・時間を出来るだけ減らしたコース、高精度の教材一式などが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。近ごろ公認会計士の資格をとる通信講座と言えばココがベスト、といわれているくらい、受験生内で評価が高いです。
深い知識・経験を要する法律の内容で、難易度が高めとされておりますが、されど公認会計士試験では、科目ごとの合格システムを設定しておりますので、教科をひとつずつ複数年かけ合格していくスタイルであっても、支障はない試験なんです。
世間一般的に国家資格内でも、難易度が高いことを誇る公認会計士の職種でありますけれど、合格するまでの道が厳しければ厳しいほど、ついに資格取得を果たした先は需要の高さや年収、かつ社会的地位の高さを構築できる可能性もあります。
くらしをサポートする法律家として、いろんな法律トラブルでサポートの役割を担う公認会計士の受験に、学歴や資格は不問となっています。どのような方でも臨むことができますから、通信教育の資格講座でも、性別かつ年齢関係ナシに支持を集める法律資格でございます。

人によっても異なりますが9月はじめから、この次の年の公認会計士試験のために準備をやり出す人も、多くおられるかと思います。1年間ほどやり続ける根気強さが必要とされる受験勉強の上では、己に最善な勉強法を知るとした努力も重要です。
一般的に通信で講座が学べる専門学校も学習方法ともどもバリエーションが多いです。ここでは、いくつもの公認会計士を対象にしている講座内で、仕事や家事で忙しいという方でも空いた時間に勉強できる、通信講座を開いているスクールの比較を行いました。
公認会計士を対象とする通信講座で、とりわけイチ押ししたいのは、LEC(レック)のコースです。活用するテキスト一式においては、公認会計士の資格をとろうと志している受験生の中で、使いやすさ&網羅性NO.1のテキストブックとして評判となっています。
通信講座を受ける際は、公認会計士でありましても公認会計士だとか関係なく、2つとも受講者のお家まで教材一式を届けて貰うことが可能であるので、各人のお好みのスケジュールにて、机に向かうことが可能になっております。
実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験は高い難易度を誇る試験の一つと言えるでしょう。ですけど、それを必要以上構えることはございません。努力を積み重ねれば、老若男女誰にでも必ず合格を勝ち取ることが出来ます!

原則的に公認会計士試験については…。

通信講座の場合は、公認会計士でも公認会計士にしても、両方ご自宅宛で教材関係全部を送り届けて貰えるから、ご自分の空いた時間に、学習するといったことが可能となっています。
近々公認会計士の勉強に着手する方にとっては、「公認会計士試験に関しては、どの程度の学習時間をかけたら合格することが可能であるの?」というデータは、気になる点だと思います。
オール独学での公認会計士を目指す勉強法を決定する場合に、最も問題として立ちはだかるのは、勉強をしている中で分からない点などが一つでも生じたという様なときに、質問をすることが不可能なことです。
現時点皆が、高難度の公認会計士のリアルな合格体験ブログなどを、沢山リサーチして読まれている目的は、高確率で、いかようなアプローチ・勉強法が自分にとってより適正であるのか、思案しているからでしょう。
原則的に公認会計士試験については、年齢についてや性別、これまでの学歴などの条件は取り決められておりませんので、いくつでも誰でも受験OK。ちなみに法律の専門的な学識をほとんど有していないといった方であれど、ちゃんとした受験対応法をこなすことによって、合格することも可能です!

毎年公認会計士の合格率は、約1.75%と公表されています。近ごろ、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院がつくられ、その学科を終了したら、新司法試験を受けることが出来る資格が与えられます。
実際に講座を学ぶことができる専門のスクールも内容もまさに色々。ということから、とても多くの公認会計士対象の講座の中で、仕事や家事で忙しいという方でも学業に励むことができる、通信講座を開いているスクールをピックアップし比較しました。
実際簿記論におきましては、ボリューム量はたっぷりなものの、その大部分が計算式の問題で作り上げられておりますから、公認会計士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で挑戦したとしましても、マスターしやすい試験科目内容とされています。
実際公認会計士試験は、合格率が約6%と公表されており、事務職系の資格の中においては、非常に難しいレベルの資格として扱われています。ですけど、全ての問題の内6割以上正しく答えられたならば、合格間違いなしです。
公認会計士試験制度の内容の手直しを機に、これまであった努力よりも運に関係する偶然性のギャンブル的ポイントが全部消え、極めて技量のアリORナシがジャッジされる試験へと、公認会計士試験の内容はリニューアルしたんです。

街の法律屋さんとして、いろんな法律トラブルでサポートの役割を担う公認会計士の受験に、学歴や資格は一切不問です。条件ナシで誰でもチャレンジ可能なので、通信教育を提供している各会社でも、年代や男女問わず関心を寄せられている法律資格でございます。
合格者の合格率7%に満たないと、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ試験となっています。そうは言っても、不必要に不安感を持たないようにしましょう。地道に努力を積み重ね続けることにより、誰であってもしっかりと合格実現は目指せます!
現実的に合格を勝ち取った人の合格率が僅か7%と聞きますと、公認会計士の資格試験としては著しく難易度が高度そうですが、絶対評価により到達度点数の最低でも60%以上の問題をしっかりクリアすれば、合格実現は確実となります。
お勤めしながら、公認会計士を目指す人も沢山いるのではないかと思いますため、自分自身の行えます事柄を日課として確実に続けていくといったことが、公認会計士試験合格の確率アップにつながるのかもしれませんね。
近年の公認会計士は、とっても難易度が高度な試験となっており、どこの通信教育を選択するかで、受かるか・落ちるかが決まります。そうは言っても、色々な会社が似通った講座を開催しており、どこにするとベターか、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。

実際に全資格試験科目の合格率のトータル平均は…。

合格できず落ちたときの、合計勉強時間のムダを思いますと、公認会計士資格の取得試験に関しては学校が提供している通信講座、また直に専門学校をセレクトするのが、間違いないものでしょう。
実際に教師陣から直接授業を受けることが出来る専門スクール通学のプラスの面は、興味深いですけれども、常に一定のやる気さえ維持し続けたら、公認会計士通信教育での勉強で、不足のない実力を身につけることが出来るはず。
実際に全資格試験科目の合格率のトータル平均は、全体から見て10%〜12%あたりであり、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が上であるように思ってしまうかもしれませんが、それに関しましては科目別の合格率でして、公認会計士試験全部の合格率ではないのです。
中には法科大学院を卒業した経験者でも、合格できないことが無いわけはないので、効率的な質の高い勉強法を熟考し真剣に取り組まないと、公認会計士資格試験合格実現は厳しいでしょう。
正直DVDでの映像授業ですとか、教科書を見る学習の仕方に、僅かに不安を感じますが、リアルに通信講座によって、公認会計士資格を取得した先達も多数存在していますし、独学で進めるよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。

出来る限り危険を避ける、リスクを冒さないで無難に、大事をとってといった考えで、公認会計士試験に挑戦する折に、公認会計士資格取得対象の予備校などに通い学習した方がいいでしょうけれども、けれども独学を1つの道に選んでもいいかと思われます。
現実、公認会計士試験については、壁が高いと認識されている、日本の国家資格の1つ。当サイトでは、狙う公認会計士試験に晴れて合格するための能率的な勉強法等を、自分の合格するまでの実体験を経て得た情報を踏まえて書き記します。
基本科目合格制度がある、公認会計士試験の資格の取得は、同じタイミングに1度に、5教科を受験するといったことは決められておらず、それぞれの科目ごと1件ずつ受験してもよい仕組みです。1度合格点をクリアした科目は、いずれ公認会計士となるまで適用されます。
合格者の合格率の割合が3%のみの難易度の高い、公認会計士試験にて合格をするためには、独学で取り組む勉強のみで挑むのは、困難な場合がいっぱいあり、学校に通うかまたは、通信講座を受講して試験勉強するのが一般的な対策となっています。
一般的に公認会計士試験をたった一人で独学にて進めるのは、本当にハードルが高いのですが、独学にて挑みたいと思われている方は、第一に会計に属する科目をマスターすることから開始するといいのでは。

現在における公認会計士は、著しく難易度が高度な試験となっており、通信教育(通信講座)の選定により、合格への道が決まるものです。しかしながら、色んな会社が軒を連ねておりどの会社を選ぶと間違いないか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
当然公認会計士試験を独学にてパスしようとするのは、難易度が高いですが、勉強の方法をいろいろチェンジするとか、重要な情報を十分集めるようにすることで、短い期間・少ない学習量で合格することも、可能といえます。
輪にかけて難しいと言われている公認会計士試験の難易度の程度は、大層キツイ様子で、合格率の割合も多くとも3パーセントと、法律関係の国家資格の中におきましても、トップクラスに入る超難関試験といえます。
ずっと昔から、法律知識無しのステージから取り組み始めて、公認会計士試験合格に確保すべき勉強への取り組み時間は、「3000時間少々」というデータがあります。一般的に実例でも、一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
プラスとなる面ばかりの、公認会計士資格取得の予備校に通学しての効率的な勉強法ですが、十万単位の特定の額が必要ですので、希望しても誰もが皆入学できるわけじゃないでしょう。